大規模データを
直接、その場で
可視化する

QualtData Dashboard β版

Explore データの探索と可視化

大規模データを
直接データソースにする

DWHとグラフの可視化ツールが分離しているとデータが足りない度に元データの修正、データ連携、グラフの可視化を繰り返す必要があります。

チャート機能は元データとグラフによる可視化が一画面で完結するので、より簡単に可視化しながらデータを探索することができます。

元データと直連携

豊富な
テンプレートを用意

チャートはXYグラフ、ピポットテーブルからヒートマップ、サンキーダイアグラムまで用意されており、様々な角度の分析を可能にします。

豊富なテンプレートを用意

管理と運用をより簡単に

グラフを作成する際、同じようなSQLをつくることで管理や変更が大変になっていませんか?

チャート機能では元のクエリを再加工することができ、共通するSQLと各グラフ特有のSQLを別々に記載することで管理・運用工数を大幅に削減することが可能です。

管理と運用をより簡単に

動的ダッシュボードで
管理と探索を同時に

ダッシュボード機能では複数のグラフを一元管理することが可能です。グラフで気になる数値を発見した場合はフィルターやドリルダウンしながら元データの確認が簡単に実施できます。

動的ダッシュボードで管理と探索を同時に