エンジニアが
より効率的に
SQLを管理する

QualtData Query

Develop データ活用の準備

痒いところに
手が届くエディタ

クエリを編集している際に関数の引数や、テーブル名を忘れてしまったことはありませんか?

QualtDataのクエリエディタは優れた補完機能があり、あなたのクエリ作成をサポートします。

右のサイドペインから既存のデータセットのテーブル名を選択することで面倒なテーブル名の記載をコピペしたり、SQLの編集中に関数の引数を確認したり効率的な作業を可能にします。

痒いところに手が届くエディタ

変数の埋め込みも
自由自在

クエリの抽出期間を変えたり、フィルターのように動的に条件を変更したい。なんてことはありませんか?

QualtDataのクエリエディタは様々な変数をクエリの中に埋め込むことが可能です。

変数を用いることで、クエリそのものを変更することなく、実行結果のみを変えることが可能です。

変数はyaml形式の設定を記載することで、GUIで変更可能で、非エンジニアでも動的なクエリの実行が簡単にできます。

変数の埋め込みも自由自在

変数履歴を自動管理

特定のSQLは誰がどこを変更されてきたのか、その履歴を確認したい。ということはありませんか?

クエリのバージョンをファイルで管理するのは運用が煩雑になり、現実的はありません。QualtDataはクエリのプロジェッショナルを自動で保存する機能があり、バージョン管理を簡単に実施することができます。

変数履歴を自動管理

高度な分析を
最小の工数で

データをどう加工するか、サンプルになるクエリがあれば、より効率的にデータの探索・分析が可能になるのに...そう思ったことはありませんか ?

QualtDataは100種類以上のクエリテンプレートを元にカスタマイズしてSQLの実行が可能です。

ビジネス担当者のためにクエリ作成する際は、パラメータを設定することで細かな条件ごとに複数のクエリを作成する必要がありません。

高度な分析をノーコードで